前へ
次へ

リフォームで様変わり

私は実家を出てから10年以上経過していますが、先日両親からリフォームするという連絡が来ました。
地区30年経過していることもあり、水回りを中心に床が傷んできていたころもあり、とうとう決断したようです。
私は、生まれた時からこの家に住んでおり、前の状態こそが「家」のイメージになっており、一体どう変わるんだろうと、少しの期待と大きな寂しさを感じていました。
そんなやり取りがあった後、正月となり、1年ぶりに実家に帰る時期がやってきました。
駐車場の位置が変わったとか、塀が新しくできた、などと情報はぽつぽつ入っていたものの、見るまではイマイチぴんと来ていませんでした。
実際、見てみると、思った以上のリフォームが進んでおり、風呂には家全体の給湯器が付いているなど、大きく変わっていました。
さらにウォシュレットが設置されており、昭和の香りがしていた家が、大きく変貌していました。
小さい時の思いでの場所がなくなっていたり、悲しい部分もありましたが、両親は楽しそうだったのでOKという気になりました。

Page Top